各部門紹介/薬剤部
▼MENU


 薬剤師は毎日、調剤室の中で外来や入院の患者さまが服用するお薬を医師の処方箋に従って取りそろえたり、調合したりしています。このとき常に薬学的見方から医師の処方せんをチェックし疑問があれば必ず確認し、場合によっては処方を変更してもらう(処方監査)という重要なこともしています。複数の病気を併発されている患者さまなどには、多くの種類の薬が処方されています。しかし、ある種の薬は他の薬と一緒に飲むことによって、薬の効き目が弱くなってしまったり、あるいは強く出すぎることがあります(クスリの相互作用)。そのために副作用が増強されてしまう危険性もあるわけです。処方監査では、重大なクスリの相互作用が起きないように患者さま一人一人のお薬の飲み合わせについても気を付けています。